40代の肌トラブル|ヒリヒリ赤ら顔の原因は?

40代の肌トラブル|ヒリヒリ赤ら顔の原因は?

40代に入ると加齢のせいか様々な肌トラブルに

悩まされます。

私も大人ニキビやシミ、くすみなどに悩まされ

ていますが中でも赤ら顔がここ1,2年で酷くな

ってきました💦

私の赤ら顔がどんなものかというと…

洗顔後、鼻の周りや頬、おでこがヒリヒリと

赤く炎症を起こしたようになってしまいます。

同じような症状でお悩みの方いらっしゃいま

すか?

赤ら顔を治したいと思っていても原因が分から

ないし治し方も分からないとお困りではないで

しょうか。

実は赤ら顔にはタイプがあって人によって症状

や原因が違ってくるようです。

なので、

あなたの赤ら顔がどのタイプの症状なのかどん

な対策が有効なのか調べてみたのでぜひ参考に

してみて下さい。

赤ら顔には種類がある

血管の影響

皮膚の下の血管が膨張して血流が増えることで

肌の上からは見えないはずの血液が透けて見え

ることで顔が赤く見えてしまいます。

これは2つのタイプに分類することができます。

赤面症(私も💦)

赤面症はご存知の方も多いかと思いますが人前

に出ると極度の緊張が引き金となって顔が赤く

なってしまうという症状。

自律神経の影響で体の中でも温度の低い顔の

皮膚表面の下の血管に、身体を巡っていた暖

かい血液が大量に流れ込むことで赤く見える

んだそうです。

皮膚が薄くなる

皮膚が薄いことが原因で鼻の周りや頬など毛

細血管が密集している部分の血管が膨張した

時に透けやすくなります。

特に、

気温の変化が起きると赤くなりやすい傾向に

あるようです。

皮膚自体が赤くなる?

こちらは血管が透けるのではなく皮膚自体が

何だかの原因によって赤くなる状態です。

肌荒れ

ちょっとした肌のトラブルが原因で肌が炎症を

起こしてしまい、酷い時は顔中に強い赤みが出

てしまいます。

粉をふくこともあります。

 

ニキビ

ニキビは皮脂や角質によって毛穴が詰まり、そ

の中でアクネ菌が増殖し炎症を引き起こした状

態(赤ニキビ)。

このニキビが治ってはできるを繰り返すニキビ

ループ状態になってしまうと炎症を起こした肌

の赤色が色素沈着を起こして赤ら顔になってし

まうのです。

脂漏性皮膚炎

過剰に分泌された皮脂が肌の上で酸化し、それ

が炎症を起こして赤くなった状態。

悪化すると毛穴が開いてニキビを伴い更に赤み

が増してしまいます。

年齢による衰え?

さて、種類は分かりました。

私の症状は肌荒れ?のような気がします^^;

若い頃はどちらかというとお肌は強い方だった

ような気がしますがどうして加齢と共に赤みが

出てくるのでしょう?

40代からは更年期が影響する?

更年期に入ると女性ホルモンが急激に減少し始

めます。

これにより肌の弾力を保っている真皮層のコラ

ーゲンやエラスチンの量も減少します。

そして、

肌細胞を作る力も衰え、真皮層の厚みも無くな

り皮膚自体が薄くなってしまいます。(菲薄化)

また、

加齢と共にターンオーバー(肌の新陳代謝)の

サイクルも乱れ、正常だと28日で生まれ変わ

る皮膚が40代に入ると約45日まで延びてしま

うそうです。

ということは

角質層には古い角質が溜まりますが角質層以下

の表皮は新しい細胞がなかなか生まれてこなく

なり皮膚が薄くなるのです。

そこへ洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗ってし

まったり、ピーリングをやり過ぎてしまうと更

に菲薄化を引き起こす原因となってしまいます。

薄くなった皮膚はバリア機能が低下してしまい

少しの刺激でもダメージを受けやすい状態です。

外敵からの刺激によって皮膚には炎症憎悪た

んぱく質という成分が生成されるそうです。

この炎症憎悪たんぱく質が表皮細胞で作られ

ると炎症を引き起こすサイトカインと呼ばれる

成分も同時に作られます。

すると肌の赤みや湿疹など炎症が起こるのです。

加齢による赤ら顔の改善方法は?

全ての女性に様々な形で訪れる更年期!

こんな形でも悩まされるとは思いませんでしたね^^;

加齢による赤ら顔の原因でもある菲薄化を防ぐには

まずは

女性ホルモンの減少を食い止める、またはバ

ランスを整えることが大事です。

食生活でいえば大豆食品に含まれる大豆イソ

フラボンは女性ホルモンと同じような働きを

するので積極的に摂りたい栄養素です。

また、

大豆製品や高麗人参に含まれるサポニンとい

う成分は血流を良くする効果が期待できるの

で新陳代謝が良くなります。

その他、

ビタミンEビタミンB葉酸食物繊維

カリウムなどには女性ホルモンの分泌を促し

ホルモンバランスを整えてくれます。

でもこんなに色々な栄養を食事で摂るのは大

変ですよね!

忙しかったり料理が苦手だったり…

そんな時はサプリメントで補うのも

一つの手かと思いますよ○o。.

後は

質の良い睡眠、定期的な運動やストレス解消

を心がけましょう。

更年期の肌荒れ対策の詳しい説明は「更年期に入ると肌荒れしやすい?対策は?」をぜひご覧ください。

更年期サプリメント【高麗美人】の経過レビューはこちらをごらんください

赤ら顔解消には保湿が重要!

健康な皮膚の角質層は弱酸性に保たれた皮脂

膜に覆われ、天然保湿因子(NMF)や角質細

胞間脂質(セラミドなど)によって水分が保

たれています。

 

菲薄化が進んだ肌は角質幹細胞脂質(セラミド

など)が減少し、乾燥して敏感になっている状

態です。

保湿化粧水を選ぶ時は保湿効果の高い成分とし

て知られているヒト型セラミドがおススメですよ。

セラミドはもともと角質層に存在している成分

で角質細胞間脂質の約50%を占めている重要

な成分だそうです。

不足したセラミドを補うことでバリア機能を高

め、水分もしっかりキープしましょう。

(ダブル効果)

最後に、、

赤ら顔解消は大前提として刺激を与えないこ

とが大事です。

洗顔料は泡立てネットでよく泡立てて肌と指の

間に洗顔料をワンクッション置く感じで優しく

撫でるように洗いましょう。

冷水や熱いお湯で洗らったり、日に何度も洗う

のは控えましょう。

「スキンケアの基本!まずは正しい洗顔方法を。」 も合わせてご覧ください^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする