40代主婦の美白化粧品選び。知って得する美白成分!
カテゴリー

40代主婦の美白化粧品選び。知って得する美白成分!

40代に入るとシミやくすみが気になりませ

んか?(他にもたくさんありますが^^;)

美白化粧品選びには、まず中身に何の成分

が入ってるか調べることから始めますよね

「美白化粧品が欲しいけど何を基準

          に選べばいいの?」

と悩んでしまう事ないですか?

そこでおススメなのが厚生労働省が認可し

た美白成分です。

厚生労働省が効果効能を認めた美白成分が

一定濃度で配合されていると美白化粧品と

して医薬部外品の認可が下りるそうです。

なので

パッケージに医薬部外品(薬用)と表記され

てるものがいいですね(*^^)

んっ?

「それなら医薬部外品(薬用)と表記

    されていたらどれでもいいの?」

というとそういう訳でもなくて…

美白成分は人によっても効果のあらわれ方

が違うでしょうし、シミが気になるのか、

くすみが気になるのかで変わってきます。

自分が求める効果がある成分が含まれたも

のを選んだ方が効率的な美白ケアができま

すよね!

そこで

厚生労働省が認可した美白有効成分とその

効果を調べてみたのでぜひ参考にしてみて

ください。

現在、

厚生労働省が認可した美白成分はおよそ20

種類あるそうです。

その中から美白化粧品などに使用されてい

る17種類を紹介しますね。

美白有効成分、導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

17の美白有効成分はこれ!

☆ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はチロシナーゼという酵

素の働きを邪魔することでメラニン色素の

生成を抑えます。

また、

既にできたメラニン色素を還元し、活性酸

素を抑制する。

シミやくすみを予防したり、できてしまっ

たシミにも効果が期待できるということで

すね。

元々ビタミンCは壊れやすく水に溶けやす

いうえにお肌への浸透力が悪かったのです

がビタミンC誘導体はビタミンCを安定化

させることで角質層への浸透力が良くなり

ました。

☆ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミの元であるメラニン

を生成するチロシナーゼという酸化酵素に

働きかけ酸化を防止します。

また、

メラニン色素を生成するメラノサイトその

ものの働きを抑える効果があるのでメラニ

ン色素を作るスピードが落ちてシミができ

にくくなるのです。

こちらもシミやくすみの予防と既にできて

しまっているシミにも効果が期待できます

皮膚科でも処方してくれるハイドロキノン

の詳しい説明は「顔のシミ取りにハイドロ

キノンが効果を発揮?」を読んでみて下さ

いね。

☆ アルブチン

アルブチンはメラニンが活性化する際に作

用するチロシナーゼという酸化酵素の働き

を抑えます。

シミの予防に効果が期待できます。

このアルブチンはハイドロキノンとブドウ

糖が結合したものです。

ハイドロキノンは皮膚科などでも使われる

ように美白効果が高いのですが、その分肌

への刺激も強いので注意が必要です。

ですが、

アルブチンは肌への刺激も少ないので敏感

肌の方でも使用できます。

☆プラセンタエキス

プラセンタエキスの代謝を促進する作用に

よってターンオーバー(肌の新陳代謝)を促

し、メラニンを含んだ古い角質の剥離を速

めます。

なので、

色素沈着をして既にできてしまったシミに

も効果が期待できます。

また、

抗炎症作用により、ニキビや赤みなどの炎

症を抑えます。

☆エラグ酸

メラニンを黒色化させるチロシナーゼとい

う酸化酵素の働きを抑えます。

天然のポリフェノールの一種で抗酸化作用

があるため肌の酸化(老化)を防ぎます。

☆トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑(シミのようなもの)

に有効な成分として治療にも使われていま

す。

メラニンの生成を初期の段階で抑えます。

肝斑やシミの予防に効果が期待できます。

☆リノール酸

リノール酸はメラニンの生成を活性化させ

るチロシナーゼという酸化酵素の量を減ら

す作用があります。

また、

保湿効果や抗炎症作用があり、角質層から

水分が蒸発するのを防ぎ、バリア機能を高

めます。

シミの予防や肝斑に効果が期待できます。

☆ルシノール

シミの原因であるメラニンが黒色化する過

程でチロシンとチロシナーゼの結合を防ぎ

ます。

シミの予防に効果が期待できます。

☆コウジ酸

シミの原因であるメラニンを生成するチロ

シナーゼという酸化酵素の活性を抑制しま

す。

また、

シワやたるみを引き起こす活性酸素や炎症

を抑える作用があります。

シミの予防、くすみの改善、アンチエイジ

ング効果も期待できます。

☆カモミラET

シミの原因であるメラニンの生成の指令を

出すエンドセリンという情報伝達物質をブ

ロックする働きがあります。

シミの予防、ニキビケアにも効果も期待で

きます。

☆4MSK

4MSKはメラニンの生成を抑制したり、タ

ーンオーバー(肌の新陳代謝)を改善し、メ

ラニンを含む溜まった古い角質の剥離を促

します。

既にできてしまったシミの改善、予防に効

果が期待できます。

☆t-シクロアミノ酸誘導体

t-シクロアミノ酸誘導体はメラニンが作ら

れる際に脳から分泌されるプロスタグラン

ジンという情報伝達物質を抑制する働きが

あります。

なので、

メラニンが生成される前の早い段階でシミ

ができないように働きかけてくれます。

☆マグノリグナン

シミの元になるメラニンを生成するチロシ

ナーゼという酸化酵素の成熟を阻害します

シミの予防に効果が期待できます。

☆ニコチン酸アミド

水溶性のビタミンB3でメラニン色素を抑制

したり、表皮細胞への受け渡しを抑えま

す。

シミの予防に効果が期待できます。

☆ロドデノール

メラニンの生成を抑制する効果が期待でき

ます。

このロドデノールは皮膚の色素が薄くなっ

たり、白くなってしまう白斑があらわれた

と問題になった成分です。

原因は現在でも研究中だそうです。

☆エナジーシグナルAMP

ターンオーバー(肌の新陳代謝)を活性化

し、メラニンの排出を促します。

シミの予防に効果が期待できます。

☆TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)

有名なブランド、シャネルが開発した美白

成分です。

メラニンの過剰な生成を食い止めます。

シミの予防に効果が期待できます。

えっ💦どの成分を選べばいいの?

まず、

シミを消したいのか、くすみを取りたいの

か、肝斑が気になるのか用途を考えましょ

う。

そして、

どの成分が自分にとって効果があるのか使

いながら判断していく必要があります。

効果(変化)が分かるように使用前の写真を

撮っておくといいですね!

美白成分、知って得する使い方

最近、

1台でイオンクレンジング(導出)、イオン

入、超音波、高周波と人気の機能が1つ

に搭載されているツインエレナイザー

pro2という美顔器を購入してせっせと

お手入れをしてます(*^^)v

その中のイオン導入は微弱な電流を使って

イオン化した成分を肌のバリア機能を一時

的に弱めることによって角質層の深くまで

浸透させる美容法なんです。

その浸透率は手やコットンで塗るよりも

十倍の効果があると言われています。

なので、

ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキ

サム酸など水溶性でイオン化された分子の

小さい成分はイオン導入が可能なので是非

合わせて使ってみて欲しいですね(^_-)

イオン導入の詳しい説明は「イオン導入器|どんな化粧水【成分】がいい?」を読んでみて下さいね。

せっせとお手入れしています(*^^*)

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする