ビタミンC誘導体|乾燥肌には使えない?効果は?

ビタミンC誘導体|乾燥肌には使えない?効果は?

ビタミンC誘導体と言えば美白や抗酸化作用、

コラーゲンの生成を働きかける事が期待でき

る成分として知られていますよね?

その一方で、

皮脂分泌をコントロールする作用があるため、

乾燥肌の方は避けた方がよいとも言われていま

す。

優れた美容効果をもたらすビタミンC誘導体!

乾燥肌には使えないのでしょうか?

そんなことありません!

ビタミンC誘導体もどんどん進化しています。

種類や配合量、他の成分との組み合わせなどを

注意すれば乾燥肌でも保湿不足を感じずにビタ

ミンC誘導体のもっている効果が期待できるの

です。

ビタミンC誘導体、導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

ビタミンC誘導体の効果は?

ビタミンCとビタミンC誘導体

野菜や果物などに多く含まれるビタミンC。

お肌への美容効果としては

優れた抗酸化作用があるので肌に老化をもたら

す活性酸素を取り除いたりコラーゲンの生成に

働きかけることでシワやたるみの予防効果が期

待できます。

また、

消炎症作用やメラニンの生成を抑え、シミやソ

バカスができるのを防いだり過剰な皮脂の分泌

を抑え、毛穴の汚れを防いだりしてくれます。

ですが、

このビタミンC。不安定で壊れやすいという

弱点があるのです。

更に、

成分そのものを肌につけてもバリア機能により

皮膚の奥深くまで浸透しないのです。

そこで、

この弱点を克服したのがビタミンC誘導体で

す。

誘導体とは物質の化学構造の一部を元々の特性

を損なわないように人工的に改良し安定化させ

たものだそうです。

皮膚への浸透力が良くなったビタミンC誘導体

は角質層の奥へと透過し吸収されてからメラニ

ン色素に近い所で酸素反応によりビタミンCに

変化し、効果を発揮します。

美白効果に関しては美白成分として厚生労働省

に認可されています。

ですから、

基本、ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液

などを選ぶ時は、パッケージに医薬部外品(薬

用)と表記されてるものがおススメです。

[イオン導入器|どんな化粧水【成分】がいい?]も読んでみて下さいね

種類と乾燥肌におススメのビタミンC誘導体

化粧水や美容液に配合されている主なビタミン

C誘導体の種類は

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 脂溶性ビタミンC誘導体
  • 新型ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、

短期間で吸収されるため即効性があります。

リン酸と結合させることで皮膚の吸収率を高め

、メラニンの生成を抑えながらターンオーバー

(肌の新陳代謝)を促進し、メラニンの排出を

助けます。

 

また、

 

皮脂の分泌をコントロールするのでニキビ肌、

オイリー肌、毛穴トラブルなどに効果が期待で

きます。

 

この皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しや

すくなったりお肌に刺激を与えてしまうので乾

燥肌や敏感肌、炎症のある方には向いてないと

言われるようになったのです。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水で乾燥を感じた

多くの方は水溶性を使用したのではないでしょ

うか?

 

水溶性ビタミンC誘導体に脂分を結合させ肌に浸透しやすくしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。

 

特徴としては肌への刺激が少なく真皮層まで

浸透しメラニンの生成を抑制、細胞を活性化

させコラーゲンの生成やターンオーバー(肌の

新陳代謝)を促進する効果が期待できます。

 

水溶性に比べて即効性はありませんが角質層へ

の吸収率が良く高い濃度でも刺激が少なく効果

の持続性も高いようです。

 

保湿性も水溶性より高く乾燥肌や敏感肌の方で

も効果が期待できます。

 

そして、もう一つが新型ビタミンC誘導体。

APPS」や「アプレシエ」とも呼ばれています。

 

この新型ビタミンC誘導体(APPS)は

水溶性の最大の特性である即効性と脂溶性の

最大の特性である真皮への浸透力をあわせもち

、加えて刺激も少なく美白効果もあります。

 

保湿力を高めて皮脂の分泌を抑え、皮膚細胞内

に浸透し活性酸素を除去、線維芽細胞に働きか

けコラーゲンの生成を促進し、ハリやシワの改

善などアンチエイジング効果も期待できます。

 

また、

皮脂分泌のコントロール作用や消炎症作用など

によりニキビや赤ら顔の改善にも効果が期待さ

れます。

 

水分にも脂分にもなじみ、角質層への浸透力は

水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われて

るそうですよ!

 

最後に、、

このように

ビタミンC誘導体本来の特性を最大限に発揮

でき、乾燥肌や敏感肌でも保湿性を損なわず

に使用するには新型ビタミンC誘導体

(APPS)がおススメです。

 

水溶性ビタミンC誘導体を使う場合は単品で使

わずに乳液や美容液など潤い効果の高いものを

一緒に使うようにしましょう。

 

ビタミンC誘導体、導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする