クレンジングの役割って?ダブル洗顔は必要なの?

クレンジングの役割って?ダブル洗顔は必要なの?

ダブル洗顔って面倒だと思いませんか?

ダブル洗顔とは

メイクを落とすためのクレンジング後の洗顔

と肌の汚れを落とすための洗顔料での洗顔と

2回顔を洗うことです。

毎日メイクをする女性なら、ほとんどの方が

当たり前のようにダブル洗顔をしていると思

いますが2回も洗わなきゃダメなの?

ダブル洗顔は必要?

一度に2回も顔を洗ってしまうとお肌に負担が

かかりそうだけどメイクの汚れが残っていたら

それも良くないですよね!

40代の洗顔|朝は水だけ?洗顔料は必要?

も合わせて是非ご覧ください。

ダブル洗顔の後はワンランク上のお手入れを^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

クレンジングの役割

最近のメイク化粧品の多くは、化粧崩れしない

ように工夫され、カバー力や密着感が優れた商

品がほとんどでそのようなメイク化粧品は油溶

性でできています。

40代超えると紫外線カット効果やカバー力は外

せないですよね!

油性のマジックで書いた落書きは水やお湯では

落ちないでしょ?

それと同じ理論で油溶性のメイク化粧品は水や

お湯では落としきれないので同じ油性でメイク

を浮かせて洗い流す…これがクレンジングです。

クレンジング剤には水と油のように混ざらない

ものをなじませる働きをする界面活性剤が含ま

れています。

界面活性剤は油溶性のメイクや日焼け止めなど

を落とすためには欠かせない成分なのです。

メイクをした日はダブル洗顔?

メーカーによっても違いますがほとんどのクレ

ンジング剤はクレンジングを洗い流した後、洗

顔料で顔を洗うように(ダブル洗顔)記載されて

います。

クレンジングは油溶性(メイクや日焼け止めク

リームなど)のものを落とす為のものですが、

洗顔料は皮脂や汗、古い角質(垢)やほこりなど

を除去する役割を果たします。

更に、

クレンジングに含まれる界面活性剤がお肌に残

っていると必要以上に皮脂(バリア機能)を奪い

シワや赤み(炎症)、ニキビなどの肌トラブルの

原因になる可能性があるので洗顔できれいに洗

い流す必要がありあす。

ですから、

ダブル洗顔をするとお肌に負担がかかるのが心

配という考え方もありますが洗顔料だけではメ

イクは落ちないしクレンジングだけでは皮脂や

汗、ほこりなどは落ちないのでメイクをした日

はダブル洗顔が必要なのです。

やっぱりダブル洗顔は面倒?

やっぱりダブル洗顔は面倒だという場合やもと

もと乾燥肌や敏感肌で何度も洗顔する事で更に

悪化してしまうという方はダブル洗顔不要のク

レンジング剤を選ぶという選択肢もあります。

ダブル洗顔不要のクレンジングというのはクレ

ンジングを洗い流した後、洗顔料での洗顔は不

要なクレンジング剤の事です。

これはメイクをクレンジングの油分で浮き上が

らせ、界面活性剤によって乳化させることで洗

顔の効果も得るというものです。

クレンジング乳化…

クレンジングに含まれる油分を洗い流す際、本来なら混ざらない油と水を界面活性剤の働きによって混ぜ合わせ乳白色の液体にすること。

 

ですが、

普段からメイクが濃い方やクレンジングを洗い

流してもヌルヌルする場合はダブル洗顔をした

方が良いでしょう。

また、

このタイプのクレンジングはしっかり乳化

ることが重要です。

間違った使い方ではクレンジング剤やメイクな

どが残ってしまい、かえって肌トラブルをまね

いてしまいます。

 

基本的にはクレンジングを顔についたメイクに

なじませ、すすぐ前にクレンジングと水を少し

ずつなじませる(乳化)ようにします。

その後、十分に洗い流します。

一度にたくさんの水で洗い流してしまうと乳化

しないまま洗い流してしまう事になるのでクレ

ンジングやメイクが残ってしまいます。

購入した商品の使い方をよく読んで行いましょう。

 

最後に、、

ダブル洗顔は自分の肌の状態やメイク化粧品、

更にはクレンジングの種類によって必要かを見

極めないといけません。

残業や飲み会などで帰宅が遅くなった時はダブ

ル洗顔は面倒だし、休みの日などメイクをしな

かった日はクレンジングはしなくても良かった

りしますよね。

自分のライフスタイルやコンディションに合わ

せ、ダブル洗顔が必要か不要かを選択しましょう。 

40代の洗顔|朝は水だけ?洗顔料は必要?

も合わせて是非ご覧ください。

ダブル洗顔の後はワンランク上のお手入れを^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする