顔のシミ取りにハイドロキノンが効果を発揮?

顔のシミ取りにハイドロキノンが効果を発揮?

40代に入るとファンデーションでは隠し切れ

ないシミやソバカスが増えてきますよね!

夏も終わったし、日焼けしてしまったお肌を

何とかしなくちゃと思いながら美白化粧品を

探していませんか?

今年に入って息子がアトピー性皮膚炎のため

皮膚科に通うようになりました。

最初にネットでどの病院にしようかと調べてる

とその皮膚科のホームページには

自費診療の項目がありました。

気になって見てみると肝斑やソバカスに

ハイドロキノン軟膏が効果がある

書いてあるのです。

以前、

厚生労働省が認可した美白成分を調べた事があ

ってその中にハイドロキノンという成分があっ

たのを思い出しました。

美白成分でよく耳にするのはビタミンC誘導体

やプラセンタエキスなどですか…?

でも

皮膚科が処方してくれるハイドロキノンとい

う成分が気になって詳しく調べてみました。

現在、

厚生労働省が認可した美白成分はおよそ

20種類あるそうですが、その中にハイドロ

キノンという成分があります。

「40代主婦の美白化粧品選び。知って得する美白成分! 」の記事も合わせてご覧ください。

ビタミンC誘導体も厚生労働省が認可した美白成分ですよ^^Funcos(ファンコス)C-IS配合

↓  ↓  ↓  ↓

プロラヴィッシュパーフェクトセラム

プロラヴィッシュ パーフェクトセラム

↓  ↓

使ってみました^^

↓  ↓  ↓  ↓

超浸透ビタミンC誘導体!プロラヴィッシュパーフェクトセラムの効果をレビュー

美白有効成分、導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

しみの元となるメラニン色素について

私たちの肌は紫外線や大気汚染などの刺激を受

けると表皮の基底層にあるメラノサイト内でチ

ロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酸

化酵素によってメラニンを作り出し外敵による

ダメージを未然に防いでいます。

このメラニン色素はチロシナーゼという酸化酵

素がチロシンに作用することで黒色化するそう

です。

そして

通常であればターンオーバー(肌の新陳代謝)

によって上へ押し上げられ角質とともに垢とな

って剥がれ落ちますが、紫外線をたくさん浴び

たり摩擦などの刺激やストレスで過剰にメラニ

ンが作られると排出が追いつかず残ってしまい

ます。

また、

加齢や不規則な生活習慣などが原因でターンオ

ーバー(肌の新陳代謝)のサイクルが乱れると

メラニン色素が排出されにくくなります。

この排出されず溜まったメラニンが色素沈着を

起こしてシミになるのです。

シミのもとであるメラニンですが

本来は紫外線や大気汚染などから肌細胞を

守る大切な役割を果たしているのですが。。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンはイチゴやコーヒーなどに含

まれている天然成分で酸化を抑える還元作用

を持っています。

この還元作用を利用して写真を現像するときの

還元剤として使ったり、ゴムの酸化防止剤や染

料として古くから利用されてきたそうですよ。

還元作用を持っているという事は酸化を防止

する働きがあるという事です。

先に説明したように

メラニンはチロシナーゼという酸化酵素が

チロシンに作用することで黒色化します。

ハイドロキノンはこのチロシナーゼという

酸化酵素に働きかけ酸化を防止します。

つまり、

既にできてしまったシミも還元作用によって

くしていくことが期待できるという事ですね。

また、

メラノサイトそのものの働きを抑える効果

があるのでメラニン色素の生成のペースが

落ちシミができにくくなるのです。

このようにハイドロキノンは美白に優れた成分

でその効果はビタミンC誘導体やプラセンタな

ど他の美白成分の10倍~100倍とも言われ

ているそうです。

10倍~100倍ってとても強い成分のようで

すねぇ。。

もともとアメリカでは、シミの治療薬としてポ

ピュラーに化粧品などに使用されていたのです

が日本では管理が難しいため医療機関で医師の

処方がないと手にすることができませんでした

ですが、

今では薬事法の規制緩和により化粧品にも使用

できるようになったそうですよ。

とても強い美白効果があるので【肌の漂白剤】

という別名を持っているくらいですから使い方

や容量に注意が必要です。

肌質によってはかぶれたりかゆみなどが出る場

合があります。

また、

むやみに使い過ぎると白斑と言って肌の色が抜

けてしまう場合があるので海外からの個人輸入

などは特に注意が必要です。

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ時は、パ

ッチテストを行える百貨店などの化粧品売り

場かトライアルセットを購入して二の腕など

の内側に塗って異常が無いか試すといいです

ね!

一般的に皮膚に負担をかけずに使用できるの

1%~4%程度の濃度が良いとされています。

ハイドロキノンは使用方法や使用量を守れば早

く効果が実感できる成分なので自分の肌質に合

ったものをぜひ見つけてくださいね○o。.

ハイドロキノンを使用中は紫外線に対して

 無防備な状態になっているので紫外線対策

   はしっかりと行いましょう。

Funcos(ファンコス)C-IS配合↓

ビタミンC誘導体も厚生労働省が認可した美白成分ですよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

プロラヴィッシュパーフェクトセラム

プロラヴィッシュ パーフェクトセラム

↓  ↓

使ってみました^^

↓  ↓  ↓  ↓

超浸透ビタミンC誘導体!プロラヴィッシュパーフェクトセラムの効果をレビュー

美白有効成分、導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら