40代から激減?優れた保水力を持つヒアルロン酸!増やすには?

40代から激減?優れた保水力を持つヒアルロン酸!増やすには?

ヒアルロン酸といえばコラーゲンやエラスチン

と並んで美容成分として耳にすることが多いか

と思います。

その一方で私の母親は70歳を超えていて足の

膝が悪いのですが定期的にヒアルロン酸の注

射を膝に打っていました。

ん~

ヒアルロン酸の効果はお肌だけじゃなさそう

ですね!

詳しく調べてみました(^^♪

「コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?」「エラスチンとコラーゲンってどんな関係?」も合わせてご覧ください。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

ヒアルロン酸とはどんなもの?

ヒアルロン酸は私たちの身体の中に元々ある

ルコサミノグリカンというムコ多糖の一種です。

ムコ多糖というのは細胞の周りで水分(体液)を

蓄える物質でアミノ糖を含むヒアルロン酸やコ

ンドロイチン硫酸などの糖分が何重にも重なっ

てできている成分です。

ヒアルロン酸はどんな働きをするの?

水分を保持しながら細胞に栄養を運んだり不要

になった老廃物を排出したりしています。

その保持力は、ヒアルロン酸1gに6ℓもの水分

を保つそうですよ!

粘々した特性があり、細胞組織を保護したり滑

らかに動かすクッションのような役割を果たし

ていて皮膚や目、関節などに存在しています。

皮膚だけに存在しているのではないのですね!

目や関節ではどんな役割を果たしているのでし

ょう。

目では?

硝子体と呼ばれる眼球内に多く含まれ、目の形

を球状に保つ働きをしています。

医療の現場でも使われていて眼科手術の補助剤

として傷つきやすい眼球を保護したり、目薬な

どに配合され目の乾燥を防いだりしています。

関節では?

関節の中を満たしている関節液や関節軟骨に多

く含まれています。

関節をスムーズに動かす潤滑機能やクッション

のように衝撃を吸収し、膝の軟骨を守る働きも

あります。

関節や軟骨にとって大切なヒアルロン酸ですが

加齢と共に減少し始めるそうです。

20歳頃をピークに徐々に減少し始め、40代に入

ると急激に減少し、60代に入ると20代の半分ま

で減ってしまうそうです。

こうなると関節の滑らかさや弾力が失われ骨と

軟骨が擦れることで痛みに悩まされることがあ

るようです。

その他、

変形性膝関節症などの膝の痛みにはヒアルロン

酸を関節内注射で補う治療があります。

私の母親もこの関節内注射をしていました。

ですが効果は個人差があるようで私の母親には

合わなかったらしく今はヒアルロン酸の関節内

注射はやっていません^^;

お医者さんにはまず膝関節の周りの筋肉を鍛え

る事が大事だと言われたそうです。

膝が痛いと動くのがおっくうになって更に動か

なくなると関節の周りの筋肉も衰えてしまうと

いう悪循環に陥ってしまいますよね。

ですから母もなるべく車やバスに乗らず歩くよ

うにしているようです^^

 

皮膚では?

お肌ではコラーゲンやエラスチンと共に真皮層

に存在しています。

コラーゲンが網目状のネットワークを作り出し

肌にハリや弾力を与え、水分をの逃さない働き

を持っています。

そこへエラスチンがコラーゲンを繋ぎとめる役

割を果たし、そのすき間を水分を十分に抱き込

んだヒアルロン酸などの気質が埋め尽くし潤い

と柔軟性をもたらしているのです。

その水分保持力は、ヒアルロン酸1gに6ℓもの

水分を保つことができると言われているその特

性から保湿成分として多くの化粧品に用いられ

ています。

このヒアルロン酸!

最近では表皮の表皮幹細胞でも生成されている

ことが分かったそうですよ。

水分を保つことができるヒアルロン酸が表皮で

も作られているというのは嬉しいですね。

ただ表皮幹細胞も加齢と共に減少し表皮での生

成も減ってくるそうです。

何かヒアルロン酸を増やす方法はないのでしょ

うか?

ヒアルロン酸を化粧品で補うのは?

化粧品に含まれるヒアルロン酸はヒアルロン酸

ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチル

ヒアルロン酸などがあります。

どんな違いがあるのでしょう?

ヒアルロン酸ナトリウム

一般的によく使われるヒアルロン酸で粘り気が

あり分子量が大きい高分子な為、角質層の奥に

は浸透せず肌内部の水分を逃さないように表面

に留まり保湿機能やバリア機能をサポートして

くれます。

加水分解ヒアルロン酸

低分子ヒアルロン酸や浸透型ヒアルロン酸とも

呼ばれています。

ヒアルロン酸を加水分解して分子量を小さくし

たもの。

低分子なので粘り気が少なく角質層まで浸透し

て水分を保持します。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

スーパーヒアルロン酸とも呼ばれています。

粘り気が少ないのでサラッとした質感ですがア

ンカー効果(吸着効果)により肌になじみが良く

水分を補うだけでなく長時間角質層に留まり蒸

発を防ぎ、潤いを持続します。

更に、

分子量が小さいので浸透率が良く角質層の奥ま

で浸透します。

これらのヒアルロン酸は角質層までしか届かな

いとはいえ、優れた保湿力で乾燥肌対策やバリ

ア機能のサポートに効果が期待できます。

また、

乾燥が原因でできた小じわなどは目立たなくす

る効果が期待できます。

効果が早いヒアルロン酸注入

化粧品などとは違い、効果がすぐにわかるの

がヒアルロン酸注入です。

皮膚の表面にできたシワ(溝)やほうれい線、

頬のくぼみなどにヒアルロン酸を注入すると

元々肌にあるヒアルロン酸と融合してしわを

隆起させ、皮膚に膨らみを持たせます。

即効性はありますが効果は永遠ではなく持続

性はおよそ3ヶ月∼12ヶ月ほどだそうです。

 

ヒアルロン酸を増やす食べ物はあるの?

ヒアルロン酸は私たち人間の身体だけでなく動

物の身体にも存在するため鶏の軟骨や手羽先、

トサカ、豚足などから摂取することができます

その他、

魚ではカレイやウナギ、魚の目玉やふかひれな

ど、野菜ではオクラや納豆など粘々したものに

含まれています。

ですがヒアルロン酸は分子量が大きいため摂取

してもなかなか吸収されにくいようです。

これはサプリメントでも言えることで、もしサ

プリメントで摂取するなら低分子化されたヒア

ルロン酸を選ぶ事をおススメします。

最後に、、

コラーゲンやエラスチンと同様、ヒアルロン酸

もお肌にとってとても大事な成分ですが加齢と

共に減少していきます。

内側から摂取するにしても外側から補充するに

しても低分子のヒアルロン酸を選びましょう。

化粧水や美容液に配合されてるヒアルロン酸は

種類によって特徴が異なるのでトライアルセッ

トなどで自分に合うものを見つけるようにする

といいですね。

ヒアルロン酸配合の化粧品を上手に使って年齢

肌に負けない何時までも潤いのある肌を目指し

ましょう。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする