フラーレンと相性抜群なのは?ビタミンC誘導体(APPS)?

フラーレンと相性抜群なのは?ビタミンC誘導体(APPS)?

今話題の美容成分、フラーレン!

「フラーレンて何?驚きの活性酸素の除去

効果!」でも説明しましたがフラーレンの

抗酸化力はビタミンCの125倍∼250倍以

上というデータもあり、かなり高いんです

紫外線やストレスなどで過剰に発生した活

性酸素は身体やお肌を酸化(老化)させる要

因になりますがフラーレンは抗酸化力が高

いうえに約11時間という長い持続力がある

優れた成分なんです。

このフラーレン!

他の美容成分との組み合わせによっては嬉

しい相乗効果が期待できるんですって^^

詳しく調べてみました(^^♪

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

フラーレンとビタミンC誘導体

「フラーレンて何?驚きの活性酸素の除去

効果!」でも説明していますが、フラーレ

ンとは60個の同じ炭素原子から構成される

物質でサッカーボールのような形をしてい

ます。

ダイアモンドや炭などと同じ炭素の同素体

です。

両者とも共通して優れているのが抗酸化作

用です。

フラーレンと相性抜群のビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体については「ビタミンC誘

体|乾燥肌には使えない?効果は? 」

も詳しく説明していますが、

ビタミンCといえば優れた抗酸化作用によ

って肌や身体を酸化(老化)させる活性酸素

を取り除いたりハリや弾力の素となるコラ

ーゲンの生成を働きかける効果が期待でき

ることで知られています。

更には、

消炎症作用や美白効果、過剰な皮脂の分泌

を抑え毛穴の汚れを防いでくれたりします

ですが、

ビタミンCのままでは不安定で壊れやすく

その効果を発揮しにくいという弱点がある

のです。

その弱点を克服したのがビタミンC誘導体

です。

ビタミンC誘導体とは物質の化学構造の一

部を元々の特性を損なわないように改良し

安定化させたものだそうで、皮膚内に浸透

してからビタミンCに変化するという優れ

ものなのです。

しかしながら肌内部にも変化したビタミン

Cを酸化させる活性酸素が存在します。

ビタミンCに変化した瞬間から活性酸素に

よる酸化が始まるのですがこのビタミンC

の効果をより最大限に発揮するのに相性抜

群の成分がフラーレンなのです。

フラーレンとビタミンC誘導体が相性抜群な理由?

両者共に抗酸化作用があるのですがフラー

レンの抗酸化力はビタミンCのように自ら

が肌の代わりに酸化して守るのではなくフ

ラーレン自体が活性酸素を吸着することで

無害化するというものです。

更に

ビタミンCは酸化すると効力はそこまでと

なってしまいますがフラーレンのもう一つ

の特徴である持続力によって長時間活性酸

素を取り除くことができるのでビタミンC

が酸化されない状態で浸透する手助けをし

てくれます。

これにより、より長い時間ビタミンCはお

肌の中でその効力を発揮できるという訳で

す。

特におススメなのが新型ビタミンC誘導体?

「ビタミンC誘導体|乾燥肌には使えない

?効果は?」でも詳しく説明していますが

ビタミンC誘導体には幾つか種類がありま

す。

水溶性のものと脂溶性のもの、そして

「APPS」や「アプレシエ」と呼ばれて

いる新型ビタミンC誘導体。

 

この「APPS」は水溶性の特性である即効

性と脂溶性の特性である肌の奥への浸透力

をあわせもち更に刺激も少なく美白効果が

あるとして厚生労働省の認可が下りていま

す。

 

角質層への浸透力は水溶性の100倍とも言

われています。

 

このビタミンC誘導体にフラーレンを組み

合わせることによってその効果を十分に発

揮しやすくなるしフラーレン自体も優れた

成分なので嬉しい相乗効果が期待できると

いう訳ですね^^

 

最後に、、

このようにフラーレンの強力な抗酸化力が

活性酸素を吸着させ無害化することで他の

美容成分は本来の効果を発揮しやすくなり

ます。

例えば、

ビタミンC誘導体の他にも肌の再生能力に

優れたEGFやシミの改善やターンオーバー

(肌の新陳代謝)の正常化に効果があるとい

われるアスタキサンチンなども相性抜群だ

そうですよ!

フラーレン配合の化粧品を購入する際は、

表示成分をぜひチェックしてくださいね。

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする