イオン導入器|どんな化粧水【成分】がいい?

イオン導入器|どんな化粧水【成分】がいい?

イオンというとマイナスイオンを発生させる

ドライヤーやエアコン、空気清浄機、

後、、

滝なんかも思い浮かびます。

それだけでイオン導入器って効果がありそう

だけど

イオン導入器を使ったら何がいいの?

具体的にはどんなメカニズム?

どんな有効成分を選んだらいいの?

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

で、、

調べてみたのでイオン導入器の購入をお考えの方は

参考にして下さいね。

イオン導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

 

イオン導出の仕組み?方法についてはこちらを読んでみて下さいね

イオン導入器を使ったら何がいいの?

皆さんは普段使う化粧水や美容液など、どんな

ものを選んでますか?

例えば、

シミやしわに良いとか美白効果があるとか、、

自分の求める効果が期待できる成分が含まれて

いるものを選ぶでしょ?

だけど、

お肌にはもともと外部からの刺激や汚染された

水分などが身体の中に入ってこないようにバリ

ア機能が備わっています。

このバリア機能は、

身体やお肌の健康を保つためには大事な機能です。

ですが同時に化粧水などに含まれている有効

成分の浸透も妨げてしまうのです。

どんなにいい成分でも浸透が不十分では効果が

発揮できないですよね!

そこでイオン導入器の登場です(*^-^*)

イオン導入器の浸透率は手やコットンで塗る

よりも数十倍の効果があると言われています

塗るだけから浸透させるケアへ

イオン導入とは微弱な電流を使ってイオン化

した成分を肌のバリア機能を一時的に弱める

ことによって角質層の深くまで浸透させる美容法です。

バリア機能を一時的に弱める~?!

私たちの肌の一番上にある角質層は酸性で、

プラスイオンが多くなっています。

その角質層の下にある顆粒層は真逆で

アルカリ性に保たれマイナスイオンが多くなっています。

そして互いに反発しあいその間には電気の膜

つくられています。

通常は、

この電気の膜によって美容成分は阻まれてしま

いますがイオン導入器で微弱な電流を流すと

角質層と顆粒層は中性に傾きます。

すると、

反発しあっていた電気の膜が弱まるので有効

成分を肌の奥まで届けることができるように

なるのです。

どんな化粧水(成分)を選んだらいいの?

イオン導入器専用の化粧水が付いている場合も

ありますが、無くなってしまうと普段利用して

いる化粧水を使ってる方も多いのではないでしょうか?

その化粧水!ちゃんとイオン導入できてるの?

イオン導入は美容成分をイオン化し、

微弱の電流を使って肌の奥まで浸透させる美容法です。

油分を含んだクリームタイプなどは電流を通し

にくい性質なので向いていません。

更に、

コラーゲンやヒアルロン酸などはお肌にとても

良い成分ですが粒子が大きいのでイオン導入に

は不向きです。

また、

イソフラボンなどの植物性分もイオン化しにく

いので向いてないそうです。

じゃぁ、相性の良い化粧水の成分は何なの?

イオン導入に向いているのは小さな分子量で

電流を通しやすい水溶性の成分です。

 

>>水溶性ビタミンC誘導体

抗酸化力で肌に老化をもたらす活性酸素を取り

除いたり過剰な皮脂の分泌を抑え毛穴の汚れを

防いでくれます。

また、

メラニンの生成を抑えシミやそばかすができる

のを防いだりコラーゲンの生成に働きかけるこ

とでシワやたるみの予防が期待できます。

 

>>プラセンタ

ターンオーバー(肌の新陳代謝)を整え、

紫外線や乾燥によるダメージを改善する効果が

期待できます。

 

>>トレハロース

天然の糖質で、肌の深部にある細胞を保護し、

乾燥を防ぎます。

乾燥肌の方には適した成分です。

 

>>トラネキサム酸

シミをつくる過程に働きかけることで美白効果

が期待できます。

>>グリシルグリシン

成分はペプチドの一種で、毛穴の収縮作用が

ありニキビ跡の改善に効果が期待できます。

更に、

毛穴を引き締め肌のキメを整えてくれます。

毛穴の開きが気になる方にはおススメの成分です。

 最後に、、

イオン導入は角質層の深くまで浸透させる

美容法なので香料や防腐剤などの添加物が入っ

ていると有効成分と一緒に肌の奥まで届いてし

まう可能性があるので、添加物などが入ってな

いか確認して購入しましょう。

イオン導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする