コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?

コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?

コラーゲンというとハリや弾力に影響をも

たらしているということぐらいは知ってる

けどコラーゲンの基礎知識がないまま何と

なく肌や身体に効果があるから取り入れよ

うと考えている方も少なくないのではない

でしょうか?

例えば、

手羽先にはコラーゲンが多く含まれていて

肌に良いからとせっせと食べてみたりして

^^

1日に必要なコラーゲンの摂取量は厚生労

働省などで特に定められてはいないものの

5∼10グラムが目安と言われています。

これを手羽先で摂取しようとした場合、約

300∼700グラム必要でなかなか食品から摂

取するのは難しいですよね!

そんな真皮層に存在するコラーゲンについ

て詳しく調べてみました^^

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

コラーゲンとはどんなもの?役割は?

私たちの肌は表皮、真皮、皮下組織の3層

から成り立っていてハリや弾力の鍵を握っ

ているのが真皮層なのです。

コラーゲンはその真皮層に存在します。

真皮層に存在するコラーゲンの役割は?

真皮層はコラーゲン(膠原繊維)、エラスチ

ン(弾性繊維)、ヒアルロン酸、線維芽細胞

で成り立っています。

コラーゲンはタンパク質の一種。

タンパク質といえば糖質、脂質と共に三大

栄養素として私たちの身体や生命維持に欠

かせないエネルギー源の一つですよね。

私たちの身体を作っているたんぱく質のう

ち約30%を占めてるそうですよ!

更に、

真皮層の約70%をコラーゲンが占めている

そうです。

そんなコラーゲンはゼラチン状の性質があ

り真皮層では網目状のネットワークを作り

肌にハリや弾力を与え、水分を逃さない働

きを持っています。

エラスチンもたんぱく質の一種なのですが

真皮内でコラーゲンを繋ぎとめる役割を果

たしています。

そしてそのすき間を水分を十分に抱き込ん

だヒアルロン酸などが埋め尽くして水分を

保つだけでなく潤いと柔軟性をもたらして

いるのです。

肌以外にもコラーゲンは存在する?

私たちの身体にとって欠かすことのできな

いたんぱく質の一つであるコラーゲンです

が、肌だけでなく血管や骨、関節などにも

含まれています。

40代に入ると骨粗しょう症予防にカルシウ

ムを摂らないとなんて思う方が多いですよ

ね!

ですが、

骨を構成している成分のうち約65%はカル

シウムやリンなどのミネラルで、約23%が

コラーゲンなのです。

コラーゲンが支えとなってカルシウムやリ

ンを繋ぎとめることで丈夫な骨が保たれて

いるのですね。

また、

関節の軟骨や血管などにもコラーゲンが含

まれています。

骨と骨を繋ぐ軟骨はコラーゲンを多く含ん

でいて弾力性を保ち、衝撃を吸収しながら

円滑に動かされています。

更に、

血管が丈夫で健康的に保ててるのもコラー

ゲンが存在すからです。

傷ついた血管の修復のサポートもしている

そうですよ。

その他、

爪や髪、歯や角膜などあらゆるところに存

在し大切な役割を担っているのです。

コラーゲンには種類がある?

現時点で私たちの身体に存在するコラーゲ

ンは約30種類確認されていて異なるポリペ

プチド鎖(アミノ酸の繋がり)の組み合わせ

により19の型に分類されているそうです。

これらのコラーゲンは皆同じ様に「三重ら

せん構造」といってアミノ酸(ポリペプチ

ド鎖)が鎖のように繋がり、それが3本合わ

さってらせん状になっています。

代表的なものでⅠ型∼Ⅴ型が挙げられます。

身体の中で最も量が多く皮膚や骨に存在し

ているⅠ型、化粧品やサプリに使われてい

るのはこの型がほとんどのようです。

軟骨や関節を形成するⅡ型、目の角膜や硝

子体にも含まれているそうです。

Ⅲ型⇒臓器や血管の壁、皮膚に存在してい

        て組織に柔軟性を与える働きをします

        。

Ⅳ型肌細胞を作り出す基底膜に存在して

        いて表皮と真皮を繋ぐ役割を果たし

        ています。

Ⅴ型⇒主に血管や胎盤、平滑筋に存在して

         います。

コラーゲンの代謝が滞ると・・

コラーゲンは線維芽細胞で作り出され古く

なったものは分解、処理されます。

このサイクルをコラーゲン代謝と呼びま

す。

健康な肌は代謝がスムーズに行われるので

古くなったコラーゲンが滞ることなく新し

いものと入れ替わるのでハリや弾力を保つ

ことができます。

ですが、

コラーゲンを生み出す力は加齢と共に低下

し、コラーゲン代謝がスムーズに行われな

くなると古いコラーゲンが変性・劣化し滞

りやすくなってしまいます。

タンパク質と余分な糖が結合することを糖

化というのですが古くなったコラーゲンが

糖化を起こすとハリや弾力は失われ、くす

みやたるみが起きやすくなり更には新陳代

謝を低下させてしまいます。

40歳を超えてもハリや弾力のある肌を保つ

にはコラーゲン代謝を促進して糖化コラー

ゲンが増えないように、また絶えず新しい

コラーゲンを作り出せるようにしていくこ

とが大切になってきます。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする