エラスチンとコラーゲンってどんな関係?

エラスチンとコラーゲンってどんな関係?

お肌のハリや弾力に欠かせない成分として挙げ

られるコラーゲンやエラスチン。

採りあげられることが多いのはコラーゲンです

が、エラスチンも同じく重要な役割を果たして

います。

このエラスチン!どんなものでコラーゲンとは

どんな関係なのでしょう。

調べてみました(^^♪

「コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?」も合わせてご覧ください。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

エラスチンとコラーゲンの関係?

私たちの肌は表皮、真皮、皮下組織の3層から

成り立っていてハリや弾力の鍵を握っているの

が真皮層なのです。

エラスチンはその真皮層に存在します。

エラスチンの特徴と役割

エラスチンもコラーゲンと同じくタンパク質の

一種なのですが真皮内では網目状に張り巡らさ

れたコラーゲンを繋ぎとめる役割を果たしてい

ます。

ゴムのように伸縮する性質がありお肌の弾力や

柔軟性には欠かせない成分といえます。

そしてこれらのすき間には水分を十分に抱き込

んだヒアルロン酸などが埋め尽くし肌内部の水

分を保つだけでなく肌全体に潤いと柔軟性をも

たらしているのです。

その他にも私たちの身体のあらゆるところに存

在していますが特に伸縮性が必要なじん帯や動

脈、肺などの組織にも欠かせない成分です。

真皮層の約70%をコラーゲンが占めているのに

対し、エラスチンは約2∼4%程度ですが網目状

にネットワークを作り出すコラーゲンをエラス

チンが繋ぎとめてるお陰でハリや弾力をキープ

することができるのです。

加齢と共にハリや弾力を失うのはなぜ?

エラスチンは真皮層で線維芽細胞によってコラ

ーゲンやヒアルロン酸と共に生成されます。

この線維芽細胞はエラスチン(弾性繊維)やコラ

ーゲン(膠原繊維)、ヒアルロン酸を作り出すと

ともに古くなったエラスチンやコラーゲンの分

解、処理も行っています。

ですが、

エラスチンはコラーゲンやヒアルロン酸と同様

20代後半から減少、劣化し始め加齢と共に収縮

力は失われていきます。

するとハリや弾力を維持することができなくな

り、これがシワやたるみの要因の一つになると

言われています。

これは線維芽細胞の機能が衰えることでコラー

ゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する能

力が低下してしまうからです。

原因としては、加齢が大きな要因の一つですが

、その他紫外線やストレスによって発生した活

性酸素が線維芽細胞を弱らせてしまいます。

紫外線対策は必須?

線維芽細胞を正常に働かせるためには真皮層ま

で届く紫外線A波から肌を守ることが大切です。

紫外線を浴びた後は抗酸化作用のあるビタミン

A、C、Eを積極的に摂取したり、ビタミンC誘

導体やビタミンE誘導体などをスキンケア化粧

品で補いましょう。

更に、

ストレスは溜め込まず発散し、偏った食事を改

善、良質な睡眠をとることなど意識して心がけ

ることが抗酸化に繋がるのです。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする