女性に多い【顔・足】むくみの原因と解消法

女性に多い【顔・足】むくみの原因と解消法

むくみといえば多くの女性が経験している悩み

だと思います。

私の場合、

振り返ってみると20代前後からむくみが出てた

ように思います。

まぁ、

若い時の寝起きのむくみの多くは遊び過ぎの

不摂生な生活が原因でしょうけど^^;

年齢を重ねるごとにむくみが酷くなってきて

40代に入ると寝ている間に顔についた手や

枕の跡が中々取れなくなってきます💧

朝起きて顔がむくんでいると太って見えたり

疲れて見えてしまうのでブルーになってしまいますよね。

なぜ加齢と共にむくみがでやすくなるのでしょう?

むくみの原因といえばアルコールや塩分の

過剰摂取などが挙げられますがお酒もあんまり

飲まないし塩分にも気を使っているという方は

更年期による自律神経の乱れが原因かもしれません。

更年期に入ると女性ホルモン(エストロゲン)の

分泌が急激に減少します。

⇒更年期の肌荒れ対策についてはこちらを読んでみて下さい

エストロゲンの分泌量が減少するとホルモンの

バランスが崩れます。

それによって脳の視床下部が混乱し自律神経が

乱れてしまいます。

私たちの身体は、

栄養や酸素を血管(細動脈)を通して全身の細胞

に送り届け、要らなくなった老廃物や水分を

毛細血管(細静脈)やリンパ管を通じて排出する

ようにできています。

この無意識の活動を調整しているのが自律神経

なのですが、

自律神経が乱れてしまうと老廃物や余分な水分

が排出されにくくなり、むくみが起きてしまう

のです。

また、

この自律神経は体温調節も司っているため

これが乱れると冷えをもたらします。

身体が冷えると血流が悪くなって新陳代謝が

低下してしまうので老廃物や水分を溜め込み

やすくなり、結果的にむくみが起きてしまうのです。

もう一つ加齢による原因で挙げられるのが筋肉

の衰えがあります。

先に説明したように

栄養や水分は動脈を通して全身の細胞に

届けられ静脈やリンパ管を通して老廃物や水分

を排出します。

この血液循環は心臓のポンプ機能によるもので

栄養や酸素などは動脈から勢いよく流れますが

老廃物や水分を回収する静脈はゆっくり流れて

いて心臓のポンプ機能だけではなかなか戻って

これません。

そこで大事な役割を果たすのが筋肉です。

静脈は筋肉が収縮することによって圧迫され

血液を心臓方向に押し上げます。

これを筋ポンプ作用と呼ばれていて

血液の循環は心臓の力だけでなく全身の筋肉の

収縮によって促されているのです。

例えば、

エコノミー症候群は長時間同じ体制で筋肉の

収縮がない状態でいることで血液循環に支障を

きたす分かりやすい例だと思います。

40代に入った女性のむくみは加齢による

自律神経の乱れや筋力の低下が大きく影響して

いるようですね。

加齢によるむくみを解消するには?

まず、

年齢関係なく共通して言えるのはアルコールや

塩分の摂り過ぎは控えるということですね。

>>筋肉を動かす適度な運動

そして私のように40代に入って特にむくみが

酷くなったという場合は下半身の筋肉を鍛える

事がポイントです。

筋肉の衰えがむくみの原因の一つですから、

普段から筋肉を動かすことが大事です。

筋肉を動かすことによって血流が良くなり

余分な老廃物や水分を筋ポンプ作用で体外に

排出してくれます。

>>身体を温める

身体が冷えると血管が収縮して血流が

悪くなります。

お風呂では忙しくてもシャワーで済まさずに

湯船にゆっくり浸かるようにしましょう。

ぬるめのお湯で半身浴をすると体の中から

温めることができます。

冷たい飲食物は身体を冷やすので控えましょう。

>>女性ホルモンのバランスを整える

大豆製品に含まれるイソフラボンは

女性ホルモンと同じような働きをするので

積極的に摂るようにしましょう。

また、大豆製品や高麗人参にはサポニンと

いう成分も含まれています。

サポニンには抗酸化作用があり動脈硬化を

防いだり、血行を促し新陳代謝を良くします。

これらの成分を効果的に摂取するには

サプリメントがおススメです。

成分が凝縮されていて尚且つ

手軽に摂ることができます。

最後に、、

むくみを感じたら筋肉を動かす適度な運動や

リンパマッサージなどで血流を良くし、解消しましょう。

また、

仕事や家事などで忙しい方はサプリメントを

上手に取り入れるといいですね。

更に、

むくみが左右対称にでなかったり長引いたりと

気になる場合は内臓の病気の可能性もあるので

早めに病院を受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする