ハリと弾力を生み出す?線維芽細胞の役割は? 

ハリと弾力を生み出す?線維芽細胞の役割は? 

肌がハリや弾力に加え、みずみずしく潤っ

ていると明るく元気な印象を与えます。

逆に、

ハリや弾力を失い、たるみやしわがでてく

ると老けた印象を与えてしまい、自分に自

信が無くなってしまいますよね^^;

肌のハリや弾力の元になるコラーゲンやエ

ラスチン、みずみずしい潤いと柔軟性をも

たらすヒアルロン酸など若々しく肌を保つ

には欠かせない3大要素を生成しているの

が真皮に存在する「線維芽細胞」です。

そんな線維芽細胞について調べました(^^♪

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

 

線維芽細胞とは?

線維芽細胞は真皮層に存在していてコラー

ゲン(膠原繊維)、エラスチン(弾性繊維)、

ヒアルロン酸などの基質を生成しています

私たちの身体をつくる結合組織

私たちの身体は血管、リンパ管、筋肉、神

経、上皮組織(皮膚・肺・消化管・呼吸

器・泌尿器・生殖器・血管の内側面など)

、支持組織(結合組織・軟骨組織・骨組織

・血液、リンパ)によって構成されていま

す。

支持組織は主に結合組織と呼ばれていて線

維芽細胞は結合組織を形成する基本的細胞

で骨では造骨細胞、軟骨では軟骨細胞、脂

肪組織では脂肪細胞になったりするそうで

す。

ん~難しいですね^^

要は、

組織が損傷を受けた場合、別の場所の線維

芽細胞が損傷している組織に移動して大量

のコラーゲンを生成して修復を助けるとい

う感じです。

真皮線維芽細胞の役割

全身の結合組織に散在していて皮膚の真皮

にも存在しているのですが肌のハリや弾力

、潤いや柔軟性ををもたらすには欠かせな

いコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸

などの基質をつくり出しているのも線維芽

細胞です。

「コラーゲンとはどんなもの?真皮層での

役割は?」や「エラスチンとコラーゲンっ

てどんな関係?」でも説明していますが、

簡単に説明しますね。

コラーゲンはゼラチン状の性質があり網目

状のネットワークを作り出し肌にハリや弾

力を与え、水分を逃がさない働きを持って

います。

そこへエラスチンがコラーゲンを繋ぎとめ

る役割を果たします。

そしてそのすき間を水分を十分に抱き込ん

だヒアルロン酸などが埋め尽くし潤いと柔

軟性をもたらしているのです。

線維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒ

アルロン酸などをつくり出すとともに古く

なったコラーゲンやエラスチンの分解、処

理をスムーズに行うことで代謝を繰り返し

ハリや弾力を保っています。

ですが、

加齢や紫外線などによるダメージによって

線維芽細胞の機能が衰えてくると代謝が悪

くなります。

するとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロ

ン酸などの生産量も落ちてしまいハリや弾

力、潤いを失ってシワやたるみが現れてく

るのです。

ということは、

線維芽細胞が活発に機能を果たすことがハ

リや弾力、潤いを保つために大切だと言え

そうですね^^

線維芽細胞を活発に保つには

線維芽細胞が衰えるとシワやたるみに繋が

ります。

その原因はというと加齢もありますが活性

酸素による酸化が主な原因だと考えられて

います。

なので、

活性酸素を生み出す要因をできるだけ避け

る事が重要です。

紫外線対策が必須

まず、

紫外線からお肌を守りましょう。

紫外線A波(UVA)はコラーゲンを破壊・変性

させるだけでなく活性酸素を生み出し線維

芽細胞を弱らせてしまいます。

線維芽細胞を元気に維持する為には紫外線

対策が必須だといえます。

その他、

ストレス、喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足

なども活性酸素を増やす要因になるので見

直してみましょう。

抗酸化作用のある食物、美容成分をとりいれる

必要以上に発生した活性酸素は線維芽細胞

の働きを低下させてしまいます。

私たちの身体にはもともと抗酸化作用が備

わっていますが加齢と共にその働きも低下

していきます。

なので、

日頃から積極的に抗酸化作用のある栄養成

分をとりいれましょう。

ビタミンC⇒赤ピーマン・ブロッコリー・

      レモンなど

ビタミンA⇒ほうれん草・人参・レバー

      など

ビタミンB2⇒卵・納豆・レバーなど

ビタミンB6⇒にんにく・マグロ・カツオ

      など

ビタミンE⇒アーモンド・落花生・かぼち

      ちゃなど

ポリフェノール⇒赤ワイン・カシス・ブル

       ーベリーなど

カテキン⇒緑茶・紅茶など

セサミン⇒ゴマ・麦・米など

コエンザイムQ10⇒イワシ・鯖・ナッツ類

              など

亜鉛⇒牡蠣・レバーなど

日常的に摂取するのが難しい場合はサプリ

メントをとり入れるのも一つの手かと思い

ます。

サプリメントで線維芽細胞に働きかけるも

のでおススメなのがプラセンタです。

プラセンタには成長因子という成分が含ま

れています。

成長因子は別名細胞増殖因子とも呼ばれて

いて身体の細胞によって働きは異なり、い

くつか種類がありますがその中で線維芽細

胞を活性化してくれるのがFGF (線維芽細

胞増殖因子)というものです。

FGF(線維芽細胞増殖因子)は真皮層の中に

存在する成長因子で真皮幹細胞に指令をだ

して線維芽細胞を作ります。(増殖させま

す)

その他、プラセンタは

ビタミン、ミネラル、アミノ酸なども含ま

れているので肌だけでなく身体全体に働き

かけてくれます。

また、

肌に塗布することで線維芽細胞を活性化さ

せる有効成分として挙げられるのがビタミ

ンC誘導体やビタミンA誘導体であるレチ

ノール、ナイアシンなどです。

 

中でもおススメなのは「APPS」や「アプ

レシエ」とも呼ばれているビタミンC誘導

体です。

 

「APPS]は水溶性の特性である即効性と脂

溶性の特性である真皮への浸透力をあわせ

もち、美白効果もあり刺激も少ないので敏

感肌の方でも保湿性を損なわず使用できま

す。

ですが、

これらの成分が含まれた化粧品はいずれも

薬機法(旧薬事法)では真皮層まで届かない

とされています。

なので、

その化粧品が示した効果を保証するもので

はないことを理解しながら使用しましょう

「ビタミンC誘導体|乾燥肌には使えない?効果は?」も合わせてご覧ください。

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューはこちらをご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする