アミノ酸の保湿効果が凄い?肌との関係は?

肌がカサカサで潤い不足。

疲れがなかなか取れない。

40代も半ばになってくると疲れやすく

なるし肌もカサカサ敏感になってきま

すよね。

アミノ酸て身体の内側からも外側から

お肌をサポートしてくれるとしてアンチ

エイジングには効果的だとよく耳にしま

す。

私達の身体は筋肉や内臓、骨や肌などす

べてにアミノ酸が含まれているそうです

そんなアミノ酸は私たちの身体にどんな

働きをしてくれるのか詳しく調べてみま

した(^^♪

肌との関係は?

 

眉間のシワが気になる方におすすめ記事

↓  ↓  ↓  ↓

「何か怒ってるの?から卒業/ミケンディープパッチで眉間のシワを撃退! 」を見る。

アミノ酸とは

アミノ酸はタンパク質を構成する成分で

私たちの身体では20種類のアミノ酸が

結合してできてるんだそう。

その20種類のアミノ酸のうち9種類は体

内で作ることができないそうです。

必須アミノ酸って聞いたことがあるでし

ょ?

必須アミノ酸には

バリン・ロイシン・イソロイシン・トリ

プトファン・リシン・メチオニン・フェ

ニルアラニン・トレオニン・ヒスチジン

の9種類

この9種類のアミノ酸は食事などから摂

取する必要があるのです。

体内で合成できる非必須アミノ酸には

グルタミン酸・アスパラギン酸・アル

ニン・グリシン・セリン・アラニン・チ

ロシン・システイン・プロリン・アスパ

ラギン・グルタミンの11種類があります

そして

そのタンパク質は身体の約2割を占めて

ると言われいます。

 

つまり60㎏の人なら12㎏がタンパク質で

できているという事になります。

この事からも

アミノ酸は私達の身体やお肌の健康を

維持するには欠かせない成分だと言え

るのです。

天然保湿因子(NMF)の主要成分はアミノ酸

身体の表面を覆っている皮膚の一番上の

角質層には細菌やカビなど外部刺激から

身体を守りながら体内の水分の蒸発を防

ぐバリア機能が備わっています。

その幅わずか約0.02㎜という薄さだそう

です。

角質層内には細胞と細胞の間を水分を含

み保持する天然保湿因子(NMF)を挟み包

み込むようにすき間を作ることなく埋め

尽くす角質細胞間脂質(セラミドなど)に

よって潤いが保たれています。

「セラミドは優れた保湿成分?効果的な使い方は? 」も合わせてご覧ください

その上に

皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分

泌される汗が混ざり合ってできた天然の

保護クリームとも言われる皮脂膜で覆わ

れ細菌やカビなどの増殖を防ぐとともに

水分の蒸発を防いでいるのです。

このバリア機能や保湿機能の一端を担っ

ている天然保湿因子(NMF)は肌がもとも

と持っている潤い成分ともいえますが主

要成分がアミノ酸です。

アミノ酸は天然の潤い成分なのです。

天然保湿因子を構成するアミノ酸

天然保湿因子を構成する成分はアミノ酸

類・ピロリドンカルボン酸・乳酸Na・尿

素・ミネラル塩類や有機酸などの低分子

からできています。

その中で

アミノ酸は全体の40%を占めていてアミ

ノ酸の代謝物を含めるとピロリドンカル

ボン酸や尿素など60%にも及ぶそうです

アミノ酸類としては

セリン・グリシン・アルギニン・アラニ

ン・プロリン・バリン・リシン・アスパ

ラギン酸・グルタミン酸・メチオニン・

トレオニン・フェニルアラニン・ヒスチ

ジン・チロシン・ロイシン・イソロイシ

の16種類。

このようなアミノ酸成分が水分を保持し

、バリア機能を担っているのですね。

ハリや弾力にもアミノ酸が必要?

肌のハリや弾力に欠かせない成分である

コラーゲンやエラスチンも実は様々なア

ミノ酸から構成されているんです。

アミノ酸不足は肌に大きく影響を与えま

す。

肌だけではなく血や骨を作りだす役割も

担っているのです。

よくハリや弾力にはコラーゲンが良いと

耳にしますよね?

 

なので

私たちはコラーゲンを多く含む食品や

サプリメントを摂取しようとしますよ

ね?

ですが

コラーゲンを摂取してもそのままお肌

届くのではなく体内でアミノ酸に分解さ

れて吸収されます。

なので

アミノ酸の摂取量を増やすことがおすす

めなのです。

アミノ酸化粧品には?

先にも説明した通り

アミノ酸には種類があるのでアミノ酸配

合といっても成分表示にはアミノ酸と書

いてある訳ではありません。

化粧品などに配合されているアミノ酸で

美肌効果の高いものを紹介しますね。

✅セリン

保湿効果の他、メラニン形成を抑制する

働きがあります。

✅アルギニン

角質層の新陳代謝を促します。

✅プロリン

保湿効果。

コラーゲン合成に必要な成分です。

ダメージを受けたコラーゲンを修復。

✅アスパラギン

保湿効果や角質層内の新陳代謝を活発に

します。

最後に、、

アミノ酸は分子量が小さくイオン化しや

すい成分なのでイオン導入に向いていま

す。

イオン導入できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューを見る

自分の求める効果が期待できるアミノ酸

成分をイオン導入するお手入れを加えて

みるのもおススメです。

それと補足ですが良好な角質層内での

天然保湿因子(アミノ酸など)は細胞と

細胞の間を水分を抱き込んで保湿しま

す。

その間を挟み込むようにすき間を作るこ

となく埋め尽くす角質細胞間脂質(セラ

ミドなど)によって潤いは保たれていま

す。

更に

その上を天然の保護クリームとも言われ

る皮脂膜が覆って水分の蒸発を防いでい

ます。

ですので

アミノ酸化粧品で保湿ケアをした後も水

分を逃さないように皮脂膜の役割をする

油溶性の保湿クリームなどで蓋をしてあ

げましょう。

保湿クリームの中にもアミノ酸が配合さ

れているものがあります。

アミノ酸は分子量が小さく刺激性が少な

い事から普通肌から敏感肌まで、クレン

ジングからオールインワンゲルまで多種

多様に配合されているのです。

涙袋とほうれい線のシワが気になる方におススメ記事

↓  ↓  ↓  ↓

「【ヒアロディープパッチの効果を検証】涙袋とほうれい線にチャレンジ! 」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする