骨粗しょう症の新常識?コラーゲンで骨密度が上がる?

40代に入り更年期を迎えると心配な事の

つに骨粗しょう症があります。

私も他人事ではないと去年初めて健康診

の時に骨密度の検査を受けました。

(オプションで)

私の娘が通っている幼稚園のママ友のお

さんは骨折して骨粗しょう症が分かっ

たそうです!

骨折よりもむしろ骨粗しょう症の方が深

だったと言っていました。

高齢になって骨を折るとそのまま寝たき

になったりすることが多いそうですよ

よく骨を丈夫にするためにカルシウムと

緒にビタミンDやビタミンK、マグネ

ムなどを一緒に補給すると骨の形成

良いと言われています。

が、最近ではコラーゲンを摂ると骨密度

上がるとして注目を集めてるそうです

よ。

気になりますね^^

そもそも骨粗しょう症って何だろう?

調べてみました(^^♪

あっ、

因みに私の骨密度は101%でした^^

「コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?」も合わせてご覧ください。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症になると骨強度が減少し、

の中がスカスカの状態になるそうです

骨強度とは=骨密度+骨質の事なのです

骨密度に加えて大切なの骨質です。

この骨質にコラーゲンがかかわっている

うです。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レを見る

骨も生まれ変わる?

私たちの身体は色々な細胞が集まってで

ています。

そしてそれぞれの細胞は次々と新しいも

をつくり古い細胞と入れ替わっていき

ます

これを新陳代謝というのですがこのサイ

ルは部位によって異なります。

新陳代謝が正常であれば

肌の細胞は約28日(ターンオーバー)、胃

の細胞は約5日、心臓は約22日、筋肉

や肝臓などは約2ヶ月、骨の細胞は約3ヶ

で新しく生まれ変わるんです。

このサイクルが様々な要因で正常でなく

るんですよね!

骨の新陳代謝(骨代謝)

骨の代謝は破骨細胞という細胞が古い骨

壊して吸収(骨吸収)し、壊され吸収さ

れた部分に骨芽細胞という細胞が集まり

コラーゲンなどのタンパク質をつくり出

し穴を埋めるように新しい骨を形成しま

す(骨形成)

新陳代謝が正常であれば健康な骨が絶え

つくられ骨粗しょう症になることもな

いのにですね^^;

ですが…

更年期を迎えるとエストロゲンの分泌量

急激に減ります。

エストロゲンには骨の代謝において破骨

胞による骨吸収を抑える作用があるの

ですがエストロゲンの分泌量が減ると骨

を壊す骨吸収が進んでしまいます。

するとサイクル(骨の代謝)が崩れ、骨を

くり出す骨形成よりも骨を壊す骨吸収

が上回り、骨密度が低下してしまうので

す。

更に、

年齢が進むにつれ腸管でのカルシウムの

収が悪くなったり、カルシウムの吸収

を助けるビタミンDをつくる働きが悪く

なることでも骨量は減りやすくなるそう

です。

骨はカルシウムだけでできてるのではない?

骨を構成している成分のうち約65%はカ

シウムやリンなどのミネラルで約23%

がコラーゲンなのです。

その構成はよく鉄筋コンクリートに例え

れますがコラーゲンが鉄筋のように支

なってカルシウムやリン(コンクリ

ート)を繋ぎとめることで丈夫な骨が保

たれているのです。

なので、

いくらカルシウム(コンクリート)を外か

補給しても支えとなるコラーゲン(鉄

筋)がしっかり立てられていないとカル

シウムやリンなどとの結合性が悪くなり

骨がスカスカになってしまうです。

ですから

丈夫な骨であるためにはカルシウムの摂

はもちろんカルシウムやリンをしっか

りと繋ぎとめておくコラーゲンの補給も

大切になってくるのです。

また、

糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病、暴

暴食や睡眠不足などの不規則な生活習

慣が続くとコラーゲンがダメージを受け

酸化や糖化によってコラーゲン本来の柔

軟性が失われ骨質が低下してしまいます

骨質を上げるためには、適度な運動とバ

ンスの良い食生活はもちろん生活習慣

病の治療や予防が大切です。

また、

コラーゲンの劣化を防ぐビタミンB6や

B12、抗酸化作用のあるビタミンCなど

積極的に摂取することが有効です。

「コラーゲンとはどんなもの?真皮層での役割は?」も合わせてご覧ください。

40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする