フラーレンて何?驚きの活性酸素の除去効果!

最近よく見かける美容成分、フラーレン

ご存知でしょうか?

フラーレンを発見した科学者や物理学者

ど3人はノーベル化学賞を受賞してい

る注目の成分です!

そんなフラーレンって何だろう?

どんな効果があるのか?

気になる成分!

フラーレンを詳しく調べてみました(^^♪

フラーレンとは

フラーレンとはダイヤモンドと同じ炭素

けから構成されている物質で炭素原子

60個からできていて小さなサッカーボー

ルのような形をしています。

化粧品に用いられるフラーレンには水に

けやすい水溶性フラーレン(ラジカル

スポンジ)と脂に溶けやすい脂溶性フラ

ーレン(リポフラーレン)の2種類があり

ます。

「フラーレンと相性抜群なのは?ビタミンC誘導体(APPS)? 」も合わせてご覧ください

フラーレンの高い抗酸化作用

フラーレンの効果の中で特に優れている

が高い抗酸化作用です。

私たちは生きている限り呼吸や紫外線、

気汚染や過度なストレスなどの影響に

より活性酸素がつくり出されます。

ある程度の活性酸素は体内に侵入してき

ウイルスや細菌を退治してくれますが

必要以上に発生した活性酸素は健康な細

胞を攻撃し始め酸化させます。

この酸化が老化や病気の要因の一つだと

われています。

もともと私たちの身体にも抗酸化力が備

っているのですが加齢と共に衰えてき

ます

ですから

老化や病気を防ぐには活性酸素から身体

肌を守ることが予防につながるとして

様々な抗酸化作用のある成分が化粧品や

サプリメントに配合されてきました。

抗酸化作用のある成分といえばビタミン

Cが良く知られてますよね?

フラーレンの抗酸化力はビタミンCの

125∼250倍以上というデータもあり

かなり強力です。

そしてもう一つ優れているのが持続力で

す。

他の抗酸化成分はその抗酸化力を発揮し

後や時間が経つと共に抗酸化力が低く

なってしまいますが、フラーレンの場合

は約11時間もの間、抗酸化力を発揮しま

す。

なので、

朝、フラーレン配合の化粧品でお手入れ

るとほぼ帰宅時間まで抗酸化力を発揮

しているということになりますね。

フラーレンに期待できる効果

フラーレンの高い抗酸化力により様々な

トラブルの原因になる活性酸素を除去

する効果が期待できます。

美白効果

活性酸素が大量に発生するとシミの素と

るメラニンを作り出してしまいます。

フラーレンがシミの原因になる活性酸素

取り除く事で美白効果が期待できます

シワを防ぐ

活性酸素はハリや弾力の素であるコラー

ンを分解させてしまい皮膚がたるみシ

ワができてしまいます。

フラーレンはシワの原因となる活性酸素

除去することでシワを予防することが

期待できます。

保湿

フラーレンは角質層を整えてバリア機能

改善、修復させる効果が期待でき、肌

が元々持っている水分保持機能を高めま

す。

 

ニキビ

活性酸素はニキビの悪化の原因になるの

フラーレンによる活性酸素の除去やバ

リア機能の改善はニキビケアに効果が期

待できます。

赤みを防ぐ

ニキビなどの炎症には活性酸素がかかわ

ていると言われていています。

フラーレンによる活性酸素の除去と抗炎

作用により赤みの改善の効果が期待で

きます。

毛穴引き締め

毛穴の広がりや黒ずみなどは紫外線など

影響で活性酸素が過剰に分泌され、皮

脂を酸化させたり炎症を起こしたりする

事が原因の一つです。

フラーレンの抗酸化作用により活性酸素

除去し、更に皮脂の酸化を抑える効果

もあり毛穴の引き締め効果が期待できま

す。

安全性と副作用

フラーレンは2005年から販売開始されて

10年以上経過していますがフラーレンが

原因である皮膚トラブルは報告されてい

ないそうです。

化粧品は医薬品と違って毎日使用するも

なので安全なのがいちばんですよね^^

最初に水溶性フラーレンを開発し、世に

り出した【ビタミン C60 バイオリサ

ーチ株式会社によると、食べた場合、

目に入った場合、皮膚に塗った場合やア

レルギーの原因にならないかなどあらゆ

観点から安全性を確認されているそう

です!

更に、

敏感肌の人を対象に実施されたスティン

ングテスト※1結果、刺激を感じる

人はなく安心して使用できることが分か

ったそうです。

安全性の高い成分であることが確認され

いますが肌に合わないと感じた場合は

使用を中止しましょう。

 

※1 スティンギングテストとは皮膚科専門医の立会いのもと敏感肌の人を対象にしたかゆみやヒリヒリ感を評価する感受性テストです。

最後に、、

抗酸化力が強くて持続力もあり安全性も

いことから多くの美容クリニックでも

フラーレン配合の化粧品が取り扱われる

ようになりました。

フラーレンの認知度はまだまだ低いです

が、あらゆる病気は活性酸素が原因とも

われていて、今でも活性酸素の除去能

力を生かした創薬研究やフラーレン配合

の化粧品の開発がされている有用性の高

い成分です。

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする