イオン導出の仕組みは?どんな方法なの?

イオン導入が付いてる美顔器を購入する

一緒にイオン導出(イオンクレンジン

グ)という機能が付いてるものがありま

す。

イオン導入の機能は

イオン導入器|どんな化粧水【成分】がいい?

でも、説明したように、

微弱な電流を使ってイオン化した成分を

肌のバリア機能を一時的に弱めることに

って角質層の深くまで浸透させる機能

です

このイオン導入の効果を高めるのにイオ

導出はおススメです。

イオン導出ってなに?

イオン導出できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューを見る

イオンクレンジングとも呼ばれてる?

イオン導出はイオンクレンジングとも呼

れていますがクレンジングオイルや洗

顔などで取りきれない汚れや古い角質を

プラス、マイナスイオンの力でコットン

などに吸着させるというものです。

せっかく良質な化粧水などを導入しても

レンジングがきちんとできていなけれ

ば十分に浸透することができず効果も半

減してしまいますよね^^;

イオン導出の仕組み

イオン導出をもう少し分かりやすく言う

と、イオン導出は電流のプラスとマイナ

スが引き合う性質を利用して汚れを吸着

させるというものですが、汚れにもマイ

ナスの電気を帯びている汚れとプラスの

電気を帯びている汚れがあります。

肌表面に残っているメイクの汚れやほこ

り、古い角質などはプラスの電気を帯び

ていることが多く、肌の下へ深く残って

しまう汚れはマイナスの電気を帯びるこ

とが多いようです。

ですから、

美顔器ではイオン導出が肌の汚れを落と

という説明になっていますが、イオン

導入でも汚れが吸着されています。

イオン導入時にコットンが汚れてしまう

は主に肌表面のプラスの汚れと思われ

ます

これは、

美顔器を使う前の洗顔やクレンジングが

ちんとできていないという事にもなり

ます

気になる方は、

イオン導入の前にイオン導入機能のマイ

スで先に、プラスの汚れを取り除くと

いうのもおススメです。

イオン導出には水を使うの?

イオン導出では

汚れをコットンなどに吸着させるため、

コットンに水分を含ませる必要がありま

す。

美顔器からは微弱の電流が流れますので

その邪魔をしないもので、

不要な(香料、着色料、防腐剤など)もの

が入ってないものが良いですね。

油分が含まれていたり、とろみのあるも

のは向いてないようです。

じゃあ何を使ったらいいの?

色々調べてみると、

基本的には水道水で問題ないと書かれて

るものもありますし、カルキや不純物

が含まれているので向いていないと書い

てあるものもあります。

また、

生理食塩水や精製水、ミネラルウォータ

はイオン導出に使用できるようですが

、デメリットもあるようです。

まず、

✅生理食塩水は肌への刺激が少なく最も

 適して るようですが、処方箋が必要

 なので現実的ではないですね。

✅ミネラルウォーターは種類によっては

 色々な成分が含まれている場合がある

 ので注意が必要です。

✅精製水は塩素やミネラルなどを取り除

 いたほぼ、水のみなので伝導率が悪い

 ようです。

これではイオン導出の効果が半減してし

いますね。

個人的には、

イオン導出専用のイオン導出液(化粧水)

がおススメです。

なぜかというと、、

イオン導出の前の洗顔は必須ですが、

洗顔後って乾燥しますよね?

そんな状態で水道水などをコットンにし

込ませて触るのはとっても肌に負担が

かかりそう!

カサカサに乾燥して肌トラブルの原因に

ってしまいます。

イオン導出に特化した化粧水であれば、

汚れもより除去できるし、洗顔後の化粧

水ケアも同時にしてくれます。

何より角質を柔らかくしてイオン導入へ

準備を整えてくれます○o。.

購入する美顔器によっては導出液とセッ

で売っているものもありますが、そう

でない場合もイオン導出専用の化粧水を

是非、購入しましょう。

最後に、、

イオン導出をするとコットンが汚れるな

効果が見えるのでついつい毎日したく

なりますが、ほとんどの美顔器は週に2

~3回のお手入れをおススメしてるよう

です。

過剰なお手入れは肌トラブルの原因にな

ので使用方法をよく読んで自分のお肌

と相談しながらお手入れして下さいね。

イオン導出で毛穴スッキリのおススメ美顔器

↓  ↓  ↓  ↓

噂の家庭用美顔器ツインエレナイザー

イオン導出できますよ^^

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする