無添加化粧品が安心とは限らない?肌荒れとの関係は?

よく無添加を謳ってる化粧品があります

よね?

天然成分を使用しているから安心のよう

な…それっていったいどういう基準なの

でしょうか?

食品でいうと保存料や酸化防止剤、着

色料や甘味料などでしょうか?

子供が小さい時は無添加にこだわったも

のです^^;

化粧品では7つのフリーだったり自然派

化粧品やオーガニックコスメなど…聞く

安全なイメージがありますよね?

 

実際はどうなのでしょう。

無添加化粧品とは

無添加で肌荒れ予防?

例えば

今まではどんな化粧品を使っててもトラ

ブルを起こすことが無かったんだけど加

齢と共に肌質が変わったり疲れが溜まっ

て免疫機能が低下したりすると肌が荒れ

てしまい…んっ、化粧品が合わないのか

な?と思ってしまう事がありますよね?

そんな時

刺激が少ないと言われてる無添加化粧品

を使ってみようと思いたちます。

で、お肌の調子が良くなると無添加が肌

に良いと思います。

また

今まで無添加のものを使っていて問題な

かった方でもやはり疲れが溜まって肌荒

れが起きてしまうと無添加は合わないと

思いますよね?

ん~

 

つまり

無添加が肌に良い悪いはその時の体調や

体質の変化など時期にもよるという事が

言えそうですね。

 

それに肌荒れしている時は何を使っても

刺激を感じるものです^^;

実際

きちんとした定義は決まってないんだそ

うです^^;

今でこそ全成分を表示することが義務ず

けられていますが2001年までは厚生省が

アレルギー反応を起こす可能性がある10

2種類の成分の表示が義務付けられてい

した。

これを表示指定成分というのですが表示

がしっかりされてる事で肌の敏感な方で

も事前に肌トラブルを避ける事ができた

んですね。

 

 

そもそも

添加というのは主な内容物(化粧水でい

えば水)にビタミンC誘導体やセラミド

などの目当てにあった成分を添加する

という考え方です。

防腐剤も化粧品を腐らせない為に添加す

る必要があります。

現在では全成分表示が義務ずけられてい

て化学成分が入っていても旧表示指定成

分が含まれていなければ無添加と謳って

る場合が多いんだとか!

明確な基準はないんですね。

無添加化粧品を選ぶなら

化粧品て未開封で3年保存可能じゃない

と販売許可が下りないんだそうです。

なので

防腐剤無添加などとパッケージに書いて

あっても実際はそれに代わるものを配合

しないと条件がクリアできないのでほと

んどの化粧品は防腐剤に代わるものが入

ているそうです。

ただ

旧表示指定成分にある防腐剤などは安心

して使えるように使用量に厳しい制限が

あり、むしろ

パラベン類やフェノキシエタノールなど

の防腐剤は古くから使われていて最低濃

度の臨床も長く続けられているので最も

刺激が発生しにくく安全性も十分に確認

されているので安心という専門家もいま

す。

もし

ホントにホントに防腐剤が入ってないも

のには消費期限が記載されています。

この場合は菌などが繁殖して腐る可能性

があるのということなので保存方法や消

費期限には十分に注意が必要ですね^^;

まとめると

今は配合成分が全成分表示となっていて

そこに旧表示指定成分が入っていなけれ

ば現状では無添加と表示されています。

ですが

無添加と謳ってる事が安全性や品質を示

すものではないという事です。

パッケージに無添加と書いてあるから安

心なのではなく何が無添加なのかを確認

するようにして自分に合ったものを選ぶ

ようにしましょう。

オススメ無添加アイテム

↓  ↓  ↓  ↓

【お手軽簡単】ダイソーのこんにゃくパフの効果!売り切れ続出?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする