睡眠不足が肌荒れの原因になる?良質な睡眠が鍵?

我が家の旦那さんの話。

平日はほとんど10時半に寝て朝6時20分

に起きます。

睡眠時間は7時間ちょっと。

休みの日は朝8時近くまで寝ているので

分睡眠はとれてるようですがいつもス

ッキリ起きられず

「寝つきが悪い、睡眠不足!」

「夜中に何回も目が覚める。」

と体調の悪さをアピールします。

睡眠不足って疲れが取れないだけでなく

肌も不調になってくるんですよね!

額や鼻の頭には吹き出物をよく作ってい

すよ^^;

睡眠時間はとれてるのに身体やお肌が不

調になるのはどうしてなのでしょうか?

実は睡眠時間よりも睡眠の質が重要なよ

です。

詳しく調べてみました(^^♪

睡眠の重要性

身体のあらゆる器官や肌の細胞は生まれ

は分裂、増殖、再生、修復を繰り返し

ながら健康を維持しています。

私たちの身体は寝ている間に脳を休ませ

細胞の新陳代謝を促すことで身体機能

の壊れた部分を修復、再生させ、疲労を

回復させています。

お肌も同じく寝ている間にターンオーバ

(肌の新陳代謝)を促し整えることによ

って肌荒れなどを回復させます。

「【40代必読】お肌のターンオーバーとは?促進する? 」も合わせてご覧ください。

ですから

健康を維持するうえでもお肌にとっても

眠が重要なのが分かりますね。

ターンオーバーの強い味方!

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューを見る

質の良い睡眠に欠かせないホルモン?

さて、

先ほど説明させていただいた眠っている

に起こる身体やお肌の新陳代謝には

長ホルモンというホルモンが重要な役割

を果たしています。

成長ホルモンというと

子供の成長にかかわるホルモンというイ

ージがありますが実は身体の壊れた部

分を修復、再生させ疲労を回復させたり

ターンオーバー(肌の新陳代謝)を促した

りするのもこの成長ホルなのです。

ですが

成長ホルモンは思春期後期をピークに加

と共に分泌量が低下していきます。

なので

よりたくさんの成長ホルモンを促すこと

重要になってきます。

睡眠不足が続くと吹き出物ができたり目

下にクマができたり身体の疲れがとれ

ないのは寝ている間に多く活動する成長

ホルモが分泌されないからなんですね

成長ホルモンは眠りに就いて約3時間の

い眠りの間に多く分泌されると言われ

ています。

なので

より多くの成長ホルモンを分泌させるた

には眠りに就いて最初の3時間をいか

に深く眠れるかがポイントになってきま

すね。

質の良い睡眠にはメラトニンセロトニ

というホルモンが鍵になってきます!

質の良い睡眠にはメラトニンとセロトニン?

メラトニンというホルモンは「睡眠ホル

ン」とも言われていて夜になると眠く

なるのはこのホルモンが分泌されるから

です。

メラトニンは抗酸化作用があり睡眠へ導

作用のほかに細胞の新陳代謝を促した

り風邪や動脈硬化の予防などにも効果を

もつと考えられています。

成長ホルモンの分泌を促すのもメラトニ

の役割の一つです。

メラトニンが多く分泌されることが質の

い睡眠、更には成長ホルモンの分泌を

促すために不可欠なのです。

そして

朝になると目が覚め、太陽を浴びると

トニの分泌は減少し「幸せホルモン

」とも言われるセロトニンの分泌が始ま

ります

このセロトニンの分泌が不足すると不眠

やうつ病のリスクが高くなるそうです

よ!

セロトニンを活発に分泌させるためには

陽の光を浴びることが必須条件です。

太陽の光を浴びると体内時計がリセット

ラトニンの分泌は減少、セロトニ

分泌が始まり、14∼16時間後位に再

メラトニンの分泌が始まるような仕組

みになっています。

ですから

疲労を回復させたりターンオーバー(肌

新陳代謝)を促し、肌を回復させるの

に必要な成長ホルモンをよりたくさん分

泌させるには昼間しっかりセロトニン

分泌させることが夜にメラトニンの分泌

を増やすことに繋がります。

良質な睡眠をとるには

先にも説明したように

眠りに就いて約3時間の深い眠りの間に

長ホルモンは多く分泌され、それには

良質な睡眠が必要で良質な睡眠にはメラ

トニンの分泌、メラトニンの分泌には昼

間にしっかりセロトニンを分泌させるこ

とが重要です。

何だかややこしい^^;

セロトニン

トリプトファンというアミノ酸から作ら

ているので食事にトリプトファンを含

む食品を上手に取り入れると良いでしょ

う。

トリプトファンを含む食品は納豆などの

豆製品や牛乳やチーズなどの乳製品、

ナッツ類や肉類、バナナにも含まれてい

ます。

また、

適度な運動、特にジョギングやスクワッ

などのリズム運動は脳が活性化され

ロトニンの分泌には効果的だと言われて

います

休みの日でも朝カーテンを開け朝日を浴

、規則正しい生活を送ることでセロト

ニンが分泌され体内時計や生体リズムが

整えられ夜にはメラトニンの分泌が始ま

り良質な睡眠が迎えられます。

より良質な睡眠を迎えるために

寝る直前に食事はもちろんアルコールや

ーヒーなどのカフェイン飲料は眠りを

浅くしてしまうので控えましょう。

それと

光はメラトニンの分泌を阻害してしまう

で寝る前は照明を抑え、テレビやパソ

コン、寝床に入ってからスマホを見るの

も控えましょう。

基本は朝起きて太陽の光を浴び、夜は暗

して寝るということが大切だというこ

とですね^^

ターンオーバーの強い味方!

↓  ↓  ↓  ↓

⇒40代主婦のツインエレナイザーpro2体験レビューを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする