猛暑の夏!知って得する紫外線による日焼けのメカニズム

夏真っ盛りですね。

最高気温はもちろんですが最低気温が年

暑くなってる気がします💦

我が家では子供の夏休みに1泊2日か2泊

3日で近県に小旅行に行きます。

定番は別府温泉(大分県)。

今年も別府温泉に行ったのですが夜は温

泉、昼はプール三昧でした。

子供達も旦那さんも真っ黒に日焼けして

した。

私はというとしっかり紫外線対策をして

たのですがラッシュガードパーカーか

ら出ている部分の手の甲半分が真っ黒に

日焼けしてしまいました^^;

そんな

日焼けのメカニズムご存知ですか?

どうして日焼けしてしまうのでしょう?

詳しく調べてみました(^^♪

紫外線とはどんなもの?

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューを見る

知ってる?紫外線

太陽の光というのは紫外線の他、可視光

や赤外線などがあります。

その中で紫外線は波長の長い順にA波(

UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)とあるの

です紫外線C波はオゾン層に遮断され

るのでお肌の日焼けに影響を及ぼすのは

紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)な

のです。

私たちの肌は紫外線を浴びるとメラニン

素をつくり出し肌へのダメージを未然

に防いでいます。

ですが、

長時間、多量に浴びると日焼けなどの悪

響を及ぼすことになるのです。

因みに

車内や窓際のジリジリする暑さや夏のプ

ルサイドの床なんか足が火傷しそうに

なるほど熱いですよね?

あれって赤外線や可視光線が主な原因だ

うです!

紫外線A波とは?肌への影響は?

紫外線A波(UVA)は波長が長く曇りの日

窓ガラスなども透過し、ハリや弾力、

潤いの源となる線維芽細胞が存在する真

皮層まで到達します。

その為、

肌はハリや弾力を失いシワやたるみなど

肌トラブルを引き起こしてしまいます

「ハリと弾力を生み出す?線維芽細胞の役割は?」も併せてご確認ください。

そして、

肌はゆっくりと黒くなり褐色に色づいた

態なります。

ヒリヒリとした痛みはほとんどないでが

週間から数ヶ月続きます。

この状態をサンタンと呼ぶそうです。

また、

先にも説明しましたが曇りの日や窓ガラ

も透過し1年を通して降り注ぐので気

付かないうちにお肌へ悪影響を及ぼして

しまいます。 

紫外線B波とは?肌への影響は?

紫外線B波(UVB)は皮膚の奥までは届き

ませんが長時間たくさん浴びると皮膚が

真っ赤になりヒリヒリとしたり火傷のよ

うな水膨れができたりします。

こうなると暑いお風呂はヒリヒリして入

のも一苦労ですよね^^;

こういった状態をサンバーンというそ

す。

炎症が収まった後はターンオーバー(肌

新陳代謝)によって角質へと押し出さ

れ剥がれ落ちて治っていきます。

ですが、

何度もサンバーンの状態を繰り返すとシ

やそばかすのような色素沈着を起こす

だけでなく皮膚がんが誘発される場合も

あるので注意が必要です。

どうして日焼けで黒くなるの?

紫外線の種類と肌への影響はお分かり頂

ましたか?

では、

どうして日焼けをすると黒くなるのでし

う。

日焼けと大きく関わっているのがメラニ

色素です。

私たちの肌で紫外線や化学物質などの有

なものから最初に身体を守ってくれて

いるのが表す。

表皮は肌表面から角質層⇒顆粒層⇒有棘

⇒基底層の4層から構成されていてメ

ラニン色素は基底層にあるメラノサイト

によって生成されています。

紫外線や大気汚染などの刺激が基底層に

るメラノサイトに届くとチロシンとい

うアミノ酸がチロシナーゼという酸化酵

素によってメラニンを作りだしています

このメラニンはチロシナーゼという酸化

素がチロシンと合わさることで黒色化

します。

そして黒褐色の色素がターンオーバー(

の新代謝)と共に肌表面に押し上げら

れ黒くなります。

これは有害な紫外線から肌を守ろうとす

正常な働きだそうですよ。

紫外線からお肌を守るには?

紫外線は日差しの強い夏に多いとか5月

がピークとかそんなイメージがありま

すが実は年間通して降り注いでいます。

なので、

紫外線対策も年間を通して行うことが大

です。

日焼け止めは必須アイテム

外へ出る時は日傘や帽子、アームカバー

ど物理的に肌を覆うものはもちろんで

すが日焼け止めは欠かすことのできない

必須アイテムですね。

ですが、

日焼け止めに書いてあるSPFやPFという

示は何を示しているのか分からない方

も多いのではないでしょうか?

SPF

SPFとは「Sun Protection Factor」の

略で肌を赤くしてしまう紫外線B波(UVB

)を防ぐ効果を表す目安として使われま

数字が大きいほど防ぐ効果が高いとされ

1∼最大50+と表示されています。

PF

PAとは「Protection Grade of UVA」の

略で肌を黒くしてしまう紫外線A波(UVA

)を防ぐ効果を表す目安です。

+の記号が「PA++++」と4段階で表記

されていて+が多いほどUVAを防ぐ効果

が多きとされます。

注意したいのは使用方法です。

正しく使用しないと表示されてる効果を

揮することができません。

塗りムラや2、3時間毎に塗り直すなど使

方法をよく読んで使うようにしましょ

う。

最後に、、

紫外線による日焼けを避けるには日頃か

の心掛けが大切です。

短いお出掛けでも面倒がらず日傘や帽子

日焼け止めクリームなどをこまめに塗

るようにましょう。

また、

万が一日焼けをした場合は、

肌を冷やす、保湿をする、水分を補給す

、睡眠をしっかりとる、バランスの取

れた食事など規則正しい生活を送ること

がターンオーバー(肌の新陳代謝)を整え

、メラノサイトの働きの正常化につなが

ります。

ヒリヒリとした水膨れができるような日

けの場合、美白クリームなどの使用は

刺激になる可能性があるので肌が落ち着

くまで控えましょう。

さぁ、

紫外線による日焼けのメカニズムを頭に

れたうえで楽しい夏を過ごして下さい

ね^^

「40代主婦の美白化粧品選び。知って得する美白成分! 」も合わせてご覧ください。

【必見】40代半ばの私がツインエレナイザーpro2を試してみました

↓  ↓  ↓  ↓

⇒ツインエレナイザーpro2の体験レビューを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする